greengraphバイナリーオプションのメリットは、なんといっても取引が単純明快であるという点です。取引に際して勘案しなくてはならないのは極端に言ってしまえば「上か下か」という二者択一です。もちろん、勘に頼って取引していては勝率は50%を下回ってしまうでしょうからあまり現実的ではありません。とはいえ、他の金融商品が多種多様な選択肢を持っていて、逆にそれが投資に対する足かせになってしまっている状況は否定出来ないでしょう。単純であるがゆえに、しっかりとした学習と経験を積んでいけば確実に勝率を上げることができるというのも魅力の一つです。また、学習の他に、他のトレーダーの経験やコメントなどから学べる事もあります。FXを中心としたブログ等を訪問してみるのも手かもしれません。

しかし、「単純である」ということ以外にも、バイナリーオプションには様々な魅力があります。例えば、熟練した投資家であっても難しい決済管理とリスク管理が簡単であるという点です。まず、前者の決済管理に関しては、バイナリーオプションが基本的には24時間以内に自動的に決済が行われる金融商品であるという特徴が関連しています。日をまたいで持ち越すことができないため、長期的な上がり調子の相場では不利ですが、含み益が出ている状態で良くある「もう少し上がるかも」といった期待や含み損が出ている状態での「もう少ししたら戻るかも」といった自分ではどうにもならない思惑から自由になれます。利益確定・損切りは短期投資において最も重要な要素の一つであるため、それが自動化できるのは大きな魅力といえるでしょう。オーストラリアハイローではWEB上で一括で管理できるところが利点と言われています。

参照: XE市場.com

また、リスク管理に関しては、特に証拠金を差し入れてレバレッジをかける株式の信用取引やFXが時と場合によってはずるずると損失を拡大してしまうのに対して、バイナリーオプションでは最初の掛け金全額がなくなってしまうのことが予めわかっているため、予想外の損失は基本的には発生しません。このことは、現物の株式投資の場合で言えば投資先の会社が倒産し、株式が紙くずになってしまうこととほぼ同義ですが、一方でバイナリーオプションの場合では買った場合には掛け金が2倍3倍に増えるため、勝率が60から70程度あれば継続的に資産を増加させることが可能です。

このことと関連して、バイナリーオプションの口座では単月度の黒字口座が多いと言われています。一節では、通常の取引口座が10%程度の黒字口座率であるのに対して、バイナリーオプションの場合、その3倍程度、30%もの黒字口座が存在するという調査結果もあります。このことは、しっかりとした運用によってバイナリーオプションの口座が比較的黒字化しやすいということを示しています。